トイレタンクの水漏れ修理と部品の交換

トイレのタンクから水漏れしている場合は、便器とタンクの接合部分から漏れているケースが考えられます。水漏れの場所を探して修理してください。トイレの便器には、便器にタンクが付いているタンク密結便器と、便器とタンクが離れているタイプのものがあります。タイプによって水の止め方が異なります。タンク密結便器の場合は、便器からタンクを取りはずす必要があります。

■タンク密結便器の水漏れ

タンク密結便器の水漏れですが、一見便器にタンクが付いているように見えますが、便器とタンクは別々に分けることができます。便器とタンクはボルトで固定されているだけですので、モンキーレンチがあれば簡単に取りはずすことが可能です。便器とタンクの間から水漏れしている場合は、はずした部分に原因があるということになります。
タンクの水漏れの原因で多いのは、接続部品の劣化です。この場合は、部品を新しいものに交換することで水が漏れるのを解消することができます。

■便器とタンクが離れているタイプ

手洗い付きのタンクの場合は、フタを持ち上げるだけで簡単にはずれるタイプと、フタを持ち上げることができないタイプがあります。フタを持ち上げることができないタイプは、タンクとフタが接続されていますから、接続部分をはずしてください。どちらのタイプもタンクのフタを開けたら、タンクの中の水位が正常か確認してください。オーバーフロー管の先端から2、3cm下が正常な水位となります。
タンクの中を覗いて部品がはずれていたり位置がずれている場合は、部品を正しい位置に戻すだけで水が止まります。しかし、タンク内部の部品が劣化していたり破損している場合は、部品を交換する必要があります。

■まとめ
トイレタンクの水漏れを防ぐ場合の注意点ですが、かなり重さがありますのではずす際に気をつけてください。力のない女性や腰の悪い人などは、持ち上げる際にかなりの負担がかかります。少しでも軽くなるように、あらかじめトイレタンクから水を抜いておいた方がいいかもしれません。
トイレタンクからの水漏れの原因が分かったら、劣化している部品を交換したり、ずれた部品の位置を直すだけで水が止まる場合があります。トイレの部品は、ホームセンターなどでも販売していますので、交換するだけなら素人でもできるでしょう。便器やタンクの本体がヒビ割れしている場合は、素人では直せませんから、水道業者を呼んで修理してもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ