トイレ接合部分からの水漏れ修理方法

トイレタンクや便器以外に、給水管や排水管などのトイレ接合部分から水漏れが起きている場合があります。給水管は、トイレに水を給水するための配管です。排水管は、水を流すための配管となります。トイレの床が水浸しになっている場合は、給水管と排水管でどちらの配管から水が漏れているのか確認しましょう。

■給水管の水漏れ

給水管は、壁から出ていて止水栓へと繋がっています。住宅によっては壁からではなく、床から出ていることもあります。止水栓を閉めることによって、水を止めることができます。トイレの修理をする場合は、まず止水栓を閉めてください。給水管の水漏れを防ぐ際に必要になる道具ですが、マイナスドライバーやモンキーレンチです。マイナスドライバーは、止水栓を閉めたり開けたりする際に使用します。モンキーレンチは、接合部分に使われているボルトなどを緩める際に必要になります。
給水管の接続部分からの水漏れの原因ですが、多くは接合部分に使われているゴムパッキンの劣化によって起こります。劣化具合は、接合部分を見ればすぐに分かります。ゴムパッキンはホームセンターなどで購入することができますので、トラブルが起きる前に用意しておくと、いざ交換が必要になった時に焦って買いに行かなくても済みます。

■排水管の水漏れ

排水管の場合も給水管と同様に、水漏れの原因で多いのはゴムパッキンの劣化です。劣化したゴムパッキンを新しいものと交換することで、水を止めることができます。排水管は、トイレの床や壁に接続されています。
中には、トイレの止水栓から漏れている場合もあります。止水栓は三角ゴムパッキン、スピンドル、コマから構成されています。これらのいずれかが劣化していると、止水栓も水漏れすることがありますので注意しましょう。止水栓から漏れていると分かった場合は、劣化している部品を確認し、その部品を交換する方法で水を止めることができます。

■まとめ
トイレの給水管や排水管などの接合部分から水漏れが起きている場合は、どこから漏れているのか場所を探してください。給水管から漏れている場合は給水管、排水管から漏れている場合は排水管を修理することになるでしょう。給水管や排水管の水漏れで多いのはゴムパッキンの劣化なので、ゴムパッキンを交換する方法で防ぐことができます。まれに止水栓から漏れていることがありますが、その場合も止水栓の部品を交換することで水を止めることが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ