トイレ便器からの水漏れ修理と工事

トイレの水漏れで最も多いのは、便器からの水漏れです。便器からの水漏れは、便器の本体にヒビが入っている場合と、便器が詰まっている場合があります。便器の本体にヒビが入っている場合は、修理どころかトイレの交換工事が必要になるかもしれません。便器が詰まっている場合は、異物が詰まっている可能性がありますので、ラバーカップというトイレ用のグッズを使って異物を取り除いてください。

■便器が詰まっている場合

便器が詰まって汚水が溢れ出している場合、急を要します。そのまま放置しておくと、部屋の中まで水浸しになってしまう恐れがあるためです。便器が詰まる原因ですが、多いのはトイレットペーパーの流しすぎや、誤って異物を流してしまった場合です。トイレが古いと、排水管に尿石が蓄積してしまっていることもあります。小さな詰まりであれば、そのまま放置しておくと解消されることもあります。しかし、排水管に大きな異物が詰まっているときは、ラバーカップのような道具を使って異物を動かす必要があります。
ラバーカップを使用するコツですが、勢いをつけて押し込むと異物を奥に押し込んでしまう恐れがあります。そのため、押すときはゆっくり、引くときに勢いをつけて引きましょう。ラバーカップを引くタイミングで異物を取り除くことができます。詰まりが解消されたら、水が流れることを確認して止水栓を開け、洗浄レバーを回して水を流しましょう。

■便器の本体にヒビ

ラバーカップを使っても詰まりを解消できない場合は、水道業者を呼びましょう。トイレが詰まった状態で洗浄レバーを回してしまうと、便器の水かさが増して溢れてしまうこともありますので、作業を行う際には必ず止水栓を閉めてから行ってください。便器の本体にヒビが入った場合は、水漏れしている場所を探して工事を行う必要があります。
水漏れしている場所が分かれば、ヒビが入っているところに防水テープを貼るなどして修理することができます。ただし、この方法は応急処置ですので、長くは持ちません。後日、水道業者を呼んで水漏れを防ぐ工事を行ってもらいましょう。ヒビ割れの場所が分からない場合は、便器を取りはずす作業が必要となる場合もあります。その場合も、水道業者に相談してください。

■まとめ
便器から水漏れしている場合は、汚水が溢れ出して他の部屋に流れこむ恐れもあるため、急を要します。便器の本体にヒビが入っている場合も、素人が水漏れの処置をするのは難しいでしょう。応急処置をした上で、水道業者を呼んでください。24時間営業している業者もありますから、すぐに来てくれる水道業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ