トイレの水漏れ修理パターン

トイレの水漏れ修理パターン トイレの水漏れと言っても、タンクや便器、タンクと便器をつなぐ配水管など、原因になりそうな箇所は分かれています。毎日使うトイレから水が溢れれば、生活に大きな影響が出てしまいます。トイレの利用に困るだけでなく、他の部屋まで水浸しになることも考えられます。汚水に含まれている雑菌が繁殖するという衛生的な問題も発生します。トイレで水漏れが起こったら、修理の場所を特定して迅速に対処しましょう。

■トイレの水漏れで最初にやるべきこと

トイレが水漏れしたら最初にやるべきことですが、被害を食い止めるために止水栓を閉めましょう。トイレの止水栓は、タンクに付いています。止水栓を閉め忘れると便器から水が溢れ出ることがありますから、忘れずに閉めてください。トイレにウォシュレットを設置している場合は、ウォシュレットにも止水栓が付いていますので、間違えないようにしてください。
トイレの止水栓が見当たらない場合は、家全体の水道の元栓を閉めると良いでしょう。家全体の水道の元栓は、水道メーターの近くに付いています。水道メーターは家の外にありますので、トラブルが起きる前にあらかじめ場所を確認しておきましょう。止水栓自体から漏れるようなこともありますので、水道の元栓の位置も確認しておきましょう。トイレの止水栓が固くて回らない場合も、家全体の水道の元栓を閉めることをおすすめします。

■水漏れの場所を特定
水が漏れている場所ですが、便器かタンク、便器とタンクを結ぶ給水管や排水管などのトイレ接合部分で起きている可能性があります。トイレによって便器やタンクの形は異なっていますが、構造的にはほとんど同じです。便器とタンクが離れているタイプのものもあります。便器とタンクが繋がっているタンク密結便器の場合は、便器とタンクを分解してから水が漏れている箇所を特定しなければなりません。
どこから水が漏れているかが分かったら、防水テープで一時的に漏れている場所を止めておくと良いでしょう。水漏れは使用されているゴムパッキンが劣化することによって起こることが多いので、ゴムパッキンを交換することで水が漏れ出るのを止めることができることもあります。

■あると便利な修理グッズ

トイレの水漏れを止める際に必要な修理グッズは、マイナスドライバーです。マイナスドライバーは、便器やタンクに付いているネジをはずす際に使います。ボルトやナットをはずす場合は、モンキーレンチが役立つでしょう。ボルトやナットの緩みを直すだけで防ぐことができる場合もあります。分解する前に、ボルトやナットが緩んでいれば、閉め直してみてください。防水テープを準備しておくと、便器にヒビが入っている場合などに防水テープで防ぐことができます。応急処置にはなりますが、水漏れを防ぐ際にあると便利なものの1つです。
ラバーカップは、便器の詰まりを直す際に用いられるおわん状のゴムです。持ち手に棒が付いており、ラバーカップを使って便器の詰まりを直すことができます。給水管及び配水管をはずす際に、パイプ内に残った水が溢れ出すことがありますので、雑巾やバケツなどを用意しておき、床が濡れないように準備しておきましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、便器またはタンク、便器とタンクを結ぶ給水管や排水管などのトイレの接合部分から起こります。水が漏れていそうな箇所を特定したら、使われているゴムパッキンなどを交換することで止めることができるでしょう。簡単に直る場合もありますが、便器やタンクにヒビが入っているような場合は、水道業者を呼んで便器やタンクごと交換する必要があるかもしれません。トイレの水漏れは、深夜に起こる場合もありますから、インターネットで24時間対応してくれる水道業者を探しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース